予防に勝る治療なし

予防に勝る治療なし

かつて歯科治療とは、「悪くなったら治療する」という形が当たり前とされてきました。しかし、これでは悪くなるのを待っているだけのようなもの。一旦削った歯はもとに戻すことはできず、それをくり返せば歯を失ってしまうこともあります。

そこで近年では、「悪くなる前に予防する」重要性が見直されています。歯を守るためは、どんなによい治療よりも、なる前の予防のほうが明らかに有効だという広く認識されてきたのです。あなたも大切な自分の歯を長く守っていくために、積極的に予防に取り組みましょう。

歯の大事な役割をご存知ですか?

「歯がどれだけ大事なのか、失ってはじめて気づいた……」ということにならないよう、歯の役割を確認してみましょう。

食べ物を咬む 味覚を助ける 異物をより分ける
食べ物をしっかり咬みくだくことで、栄養の吸収を助けるとともに、胃腸への負担を軽減します。 食事の際の「歯ざわり」「歯ごたえ」といった、歯の感覚が味覚を助けます。 食べ物に含まれている小さな骨や砂など、異物を見つけてより分けます。
発音を助ける 表情を豊かにする 力を発揮する
正しい発音には、唇や舌に加え、歯も大切な役割を担っています。 きちんと歯がそろっていることで、表情が豊かになります。 スポーツなどで力を十分に発揮するために、奥歯での食いしばりが重要な役割を担っています。

To Page top

キシリトールで虫歯予防!

キシリトールで虫歯予防!

虫歯予防効果があることで注目されるキシリトール。白樺や樫からつくられている天然の甘味料です。実際に、虫歯予防についての先進国であるフィンランドでは、キシリトールによる高い効果が実証されています。

キシリトールの虫歯予防効果
【効果その1】酸をつくらせない
虫歯は、虫歯菌が糖分を栄養に酸を出し、その酸が歯を溶かすことで発症しますが、キシリトールは虫歯菌に代謝されることがなく、酸をつくらせません。
【効果その2】プラーク(歯垢)が落としやすい
虫歯菌が砂糖を分解すると、ネバネバな物質が生まれますが、キシリトールならサラサラ。プラークもブラッシングで落としやすくなります。
【効果その3】歯の再石灰化を促す
キシリトール入りガムを咬むことでだ液が多く分泌し、お口の中が中和されます。また、だ液に含まれるカルシウムやリン酸も増えて、歯の再石灰化が促されます。
【効果その4】虫歯菌の活動を抑制
キシリトールには、虫歯菌の活動や増殖を抑える働きがあります。
キシリトール入りガムの「とり方」のポイント
ポイント1
食事やおやつの後に咬むこと!
ポイント2
長期間継続して咬むこと!
※1粒を長時間咬み続けるのは、顎によくありません。注意しましょう。

To Page top

フッ素イオンで虫歯を予防しましょう

フッ素イオンで虫歯を予防しましょう

虫歯予防に効果的なフッ素。当院では、フッ素入り歯みがき粉の使用や歯面へのフッ素塗布よりも効果的にフッ素を歯に取り込みやすくする装置「バイオキュアー」を導入しています。

バイオキュアーは、フッ化ナトリウムを電気的に分解してフッ素をイオン化させることができる機械。通常歯に取り込みにくいフッ素を効果的に導入させ、より強いエナメル質を形成させて虫歯を予防します。さらに、フッ素のもつ細菌繁殖抑制効果を利用することで、根管治療にも応用が可能です。

To Page top

予防処置方法紹介

定期検診

定期検診

お口の中の状態は日々変化するため、定期的なプロによるチェックが欠かせません。定期検診に通っていれば、もし何らかの異変が見つかってもすぐに対応できます。定期検診には積極的に通いましょう。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防の基本は、毎日のご自宅でのブラッシング。これは、正しく行えてこそ効果を発揮します。一人ひとりのお口の状態に合った歯ブラシの選び方やブラッシングの方法などを、歯科衛生士が指導します。

フッ素塗布 

フッ素塗布 

歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果をもつフッ素を、歯の表面に塗布して虫歯を予防する処置。虫歯菌の出す酸から歯を守ります。定期的に行えば、より効果的です。

PMTC

PMTC

ご自宅でのブラッシングだけでは取り除ききれないお口の中の汚れを、歯科衛生士が専門の器具を使って徹底的に取り除く処置。定期的に行うことで、虫歯や歯周病の予防に効果的です。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせの乱れは、虫歯や歯周病の原因になるだけではなく、顎関節や全身にも悪影響を与えます。お口の問題だけでなく、頭痛や肩こりなどを招かないよう、定期的に咬み合わせをチェックし、問題があれば適切な治療を行います。

To Page top

「予防・メインテナンス」について詳しくは、当院までお問い合わせください。