その症状は歯周病の可能性があります

その症状は歯周病の可能性があります

「ブラッシングをしていたら、歯ぐきから血が出てきた……」ということはありませんか? それは、歯周病の代表的な初期症状です。

歯周病は虫歯と同じく、放置しておいて治ることはない病気。そのままにしておくと症状はどんどん悪化していき、次第に歯ぐきが腫れ、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

日本人の多くがかかっている歯周病は、近年ではお口だけでなくさまざまな全身疾患とも深い関わりを持っていることが問題視されています。大切な歯と全身の健康を守るために、歯周病が疑われたらしっかり治療を受けるようにしましょう。

こんなに怖い歯周病

こんなに怖い歯周病

歯周病は、大切な歯を奪ってしまうだけでなく、次のような全身疾患とも深い関わりがあることがわかってきました。歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、さまざまなトラブルを引き起こすことがあるのです。病気の原因を探していたら、なんとそれが歯周病だった……というケースも少なくありません。歯周病を甘く見ず、予防とともに早期治療に努めましょう。

  • 心臓病
  • 誤嚥性肺炎
  • 糖尿病
  • 嚥下障害
  • 摂食障害
  • 認知症
  • 不妊症
  • 早産
  • 低体重児出産

To Page top

当てはまるかチェックしましょう

次の項目にあてはまるものはありますか? 一度チェックしてみましょう。

歯ぐきが赤く腫れている Yes    No
ブラッシングで血が出る Yes    No
歯と歯の間のすき間が広くなった Yes    No
歯が長くなったように見える Yes    No
口臭が気になる Yes    No
冷たい物がしみる Yes    No
朝起きたとき口の中がネバつく Yes    No
歯ぐきから膿が出る Yes    No
現在問題はありません

現在、歯ぐきは健康な状態です。この状態を維持できるよう、正しいケアと定期検診を欠かさないようにしましょう。

正しいケア方法はこちらから

To Page top

歯周病の症状と治療方法

軽度(歯肉炎)

軽度(歯肉炎)

【症状】

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

【治療法】

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病治療の基本となるのが、毎日のブラッシング。プラーク(歯垢)をしっかり取り除くために、正しいブラッシング方法を指導します。

スケーリング

スケーリング

「スケーラー」という器具を使って、歯周ポケットから歯周病の原因となるプラークや歯石をキレイに取り除きます。

中等度

中等度

【症状】

炎症が深まり、顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

【治療法】

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯周ポケットの奥にこびりついたプラークや歯石、また感染した歯肉部分を取り除く治療です。

フラップ手術

フラップ手術

歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯根面にこびりついたプラークや歯石、また感染した歯肉部分を取り除きます。

重度

重度

【症状】

顎の骨が半分以上溶けています。歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

【治療法】

GBR

GBR

顎の骨が溶けてしまった部分に人工骨や自家骨を移植し、骨の再生を促す治療です。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

骨を再生させたい部分に「エムドゲインゲル」という薬剤を注入してスペースを確保し、人工骨や自家骨を移植して再生を促す治療です。

To Page top

歯周病は防げる病気です。 詳しい予防方法はこちらで紹介しています。