妊娠中には検診を受けましょう

妊娠中には検診を受けましょう

妊娠中は、つわりがあったりホルモンバランスが変化したりすることによって、虫歯や歯周病にかかりやすい時期。お口のケアには、普段以上に注意が必要です。また、悪い部分がある場合には、後の母子感染を防ぐためにも出産前に治療しておくことをおすすめします。しかし、「妊娠中に歯科治療って受けていいの?」と思われる方もいるのではないでしょうか。こちらでは、妊婦さんの歯科治療についてご紹介していきたいと思います。

妊娠中に歯科治療ができるタイミング

妊娠中に歯科治療ができるタイミング

妊娠中であっても、時期を選べば歯科治療を受けることができます。また、赤ちゃんが生まれて忙しくなる前に、治療を済ませたほうがいいともいえます。当院では、麻酔や投薬などに十分に配慮して妊婦さんの歯科治療を行っていますので、安心してご来院ください。

妊娠初期
(1~4ヶ月ころ)
つわりもあり切迫流産の恐れもあるため、この時期の治療はできるだけ避けたほうがいいでしょう。しかし、緊急を要する場合には対応しますので、ご相談ください。
妊娠中期
(5~8ヶ月ころ)
つわりも落ち着き、安定期に入ったこの時期が歯科治療に適している時期といえます。一般的な治療であれば、問題なく行うことができます。
妊娠後期
(9ヶ月ころ~)
陣痛が起きる可能性がある時期に入っているため、できるだけそれまでに治療を済ませておくようにしましょう。

To Page top

妊娠性歯周炎にご用心

妊娠中に歯科治療ができるタイミング

妊娠中には女性ホルモンの分泌が盛んになり、この影響を受けて歯肉炎(歯周病の初期)になりやすくなります。これを「妊娠性歯周炎」といいます。

妊娠性歯周炎のリスクが高まるのは、妊娠5~20週目頃から。症状としては、歯ぐきの腫れや出血があります。つわりがあってお口のケアがしにくい時期ですが、ブラッシングが難しいときには口をゆすぐだけでも行いましょう。予防に効果的です。

また、妊娠性歯周炎の影響はお口の中だけに留まらず、子宮を収縮させて、早産や未熟児出産のリスクを高めてしまいます。赤ちゃんの健康のためにも、妊娠性歯周炎には十分に注意しましょう。

To Page top

ご自宅でできるケア方法

食後には口をゆすぎましょう!

食後には口をゆすぎましょう!

食後には必ずブラッシングすることが理想的ですが、体調などによってはなかなかできないこともあるでしょう。そんなときには、口をゆすいだりお水やお茶を飲んだりするだけでも効果があります。とくに緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるため、おすすめです。ただし、飲みすぎには注意しましょう。
フッ素・キシリトールの活用を!

フッ素・キシリトールの活用を!

フッ素には、歯の再石灰化を促し、歯質を強くする効果があります。またキシリトールは、フッ素の働きを助けます。虫歯リスクが高まる妊娠中には、日頃よりも積極的にフッ素やキシリトールを活用しましょう。
規則正しい生活を!

規則正しい生活を!

お口の健康状態は、免疫力の低下によって悪化します。規則正しい生活を送り、ストレスをできるだけなくすよう心がけましょう。日光を浴びながらのお散歩などがおすすめです。

【よくあるご質問】

妊娠中の歯科治療についての、よくあるご質問をまとめました。こちらにないご質問については、お気軽に当院までお寄せください。

妊娠中には、レントゲン写真を撮らないほうがいいですか?
妊娠初期には、レントゲン撮影は避けたほうがいいでしょう。しかし、むやみにレントゲンを避けてあいまいに治療を進めるのはよくありません。歯科で使用するレントゲンは、直接赤ちゃんにX線があたることはないためリスクが低いうえに、撮影の際には防護用のエプロンをつけていただきますので、心配はないといえます。
妊娠中に薬を飲むと、赤ちゃんに影響しませんか?
お薬は妊娠中にかぎらず、飲まずに済めばそれに越したことはありません。しかし、お母さんの体や赤ちゃんに悪影響が見込まれる場合には、薬が必要になります。適切な処方で服用すれば問題ないでしょう。また、一般的に歯科治療で使われる抗生物質や痛み止めなどの薬のほとんどは、妊娠中であっても問題ないものばかりです。処方する際には、十分に配慮して必要最小限の量に留めますので、ご安心ください。
治療時の麻酔は、赤ちゃんに影響しませんか?
基本的に歯科で用いる麻酔では、薬液の量が少なく、注射した部分において分解されるため、赤ちゃんに影響することはありません。しかし、お母さんの体に影響が出ることはあります。かつて麻酔薬によってアレルギーを起こしたり、気分が悪くなったりしたことがある場合には、あらかじめお申し出ください。
妊娠してから、口の中がネバついてきた気がするのですが……。
妊娠中は、つわりやホルモンバランスの変化によって、お口の健康状態が悪化しがちです。お口の中がネバネバしたり、口臭が現れたりする場合には、妊娠性歯周炎にかかっている可能性があります。日頃よりもお口のケアに注意するとともに、安定期には一度診察を受けにお越しください。
妊娠中なのに、親知らずの部分が腫れてきました。抜かないといけませんか?
妊娠中には歯肉にトラブルが起きやすいため、すでに親知らずがある場合にはとくに注意が必要になります。妊娠中には抜歯をできるだけ避けたいため、まめな消毒や薬の服用によって様子を見ていくケースがほとんど。そのため、トラブルになりそうな親知らずがある場合には、妊娠前にあらかじめ抜いておくのがおすすめです。

To Page top

妊娠中の歯科治療について不安なことがある場合には、お気軽に当院までご相談ください。