銀歯を白い歯に変えませんか?

銀歯を白い歯に変えませんか?

白い歯の中で目立ってしまう銀歯、気になっていませんか? 従来当たり前のように使われてきた、銀色の詰め物・被せ物。見た目にお悩みの方は少なくありません。そんなお悩みを解決するのが、審美歯科です。

審美歯科では、銀の詰め物・被せ物を白いセラミック製のものに替え、口元を美しくする治療を行います。あなたも口元を気にすることなく思いきり笑いませんか?

銀歯とセラミックの違い

銀歯とセラミックの違いは、単純に見た目だけではありません。次のようなさまざまな違いもあります。

  銀歯 セラミック
見た目 銀歯 セラミック
美しさ 白い歯の中で目立つ 自然な白さや透明感が再現できる
まわりへの影響 自然の歯に比べて硬く、咬み合う歯を傷めてしまうことがある 種類を選べば硬さを調節できる
歯ぐき 金属イオンの影響で黒ずんでしまうことがある とくに影響はない
全身 金属アレルギーを引き起こす原因になることがある セラミックのみであれば問題は起きない

To Page top

銀歯の落とし穴

実は銀歯にかぎらず、土台部分などに金属を用いることには、次のような落とし穴が隠れています。

落とし穴1
見た目が不自然に
落とし穴2
歯と歯ぐきの間に黒い線が入る
歯科先進国の中で詰め物が銀色なのは、実は日本だけ。いかにも「治療した痕」だとわかる銀歯だと、見た目が不自然になります。 プラスチックやセラミックで表面は白くなっても、土台に金属を使用していると、歯ぐきが後退することで内側の金属がラインのように見えてしまうことがあります。
落とし穴3
歯ぐきが黒ずむ
落とし穴4
金属アレルギーを引き起こす
金属は、経年によってお口の中でイオン化して溶け出し、その影響で歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。 イオン化して溶け出した金属が体内に取り込まれると、アレルギー反応を起こして肌が荒れたりかぶれたりすることがあります。

To Page top

取り扱い素材紹介

オールセラミック

オールセラミック(1)

オールセラミック(2)

特徴 セラミックのみでつくられた詰め物・被せ物。
メリット
  • 自然な白さと透明感が再現できる
  • 変色の心配がない
  • プラーク(歯垢)などの汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 比較的壊れやすい
  • 比較的歯を削る量が多い
  • 天然歯より硬く、咬み合わせる歯に負担がかかることがある
  • 比較的治療費が高額になる
審美性 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック(1)

ハイブリッドセラミック(2)

特徴 セラミックと歯科用プラスチックをかけ合せた素材でつくられた詰め物・被せ物。
メリット
  • 天然歯に近い弾性があり、咬み合う歯を傷めない
  • 自然な白さが再現できる
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 美しさはオールセラミックよりやや落ちる
  • 経年によって変色することがある
  • 咬み合わせの状態によっては、使用できない部分もある
審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド

メタルボンド

特徴 金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物。
メリット
  • 自然な白さが再現できる
  • 強度が高い
デメリット
  • 色調や透明感はやや劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 比較的治療費が高額になる
審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★★★★
ラミネートベニア

ラミネートベニア

特徴 前歯を薄く削った上に薄いセラミック製の板を貼りつけ、軽度の歯並びや咬み合わせを整える治療。
メリット
  • 半永久的に白い歯が保てる
  • 治療期間が短い
  • 前歯の形を整えることができる
デメリット
  • 歯を削る必要がある
  • 比較的強度は劣る
  • 前歯にしか適応できない
  • 比較的治療費が高額になる
審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★☆☆☆
ファイバーコア

ファイバーコア

特徴 グラスファイバーでつくられた透明感に優れた被せ物の土台(コア)。
メリット
  • 従来の金属製コアのように、被せ物の透明感を損なわない
  • 適度なしなやかさを持ち、歯根を傷めない
  • 再治療の際に、取り除きやすい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯の状態によっては適応できない
  • 比較的治療費が高額になる
審美性 ★★★★★
耐久性 ★★★★★

よくある質問

審美歯科とは、どのような治療ですか?
審美歯科とは、セラミック製の詰め物・被せ物を歯に取りつけることで、本来の歯と変わらない見た目や違和感のない咬み心地を実現できる治療を指します。外見の美しさはもちろん、「咬む」「話す」などの機能面や非金属だからこその安全面でもメリットがあります。
銀歯が目立つので人の目が気になります。
過去の虫歯治療で装着した銀歯も、審美歯科の治療によってセラミック製の詰め物・被せ物に取り替えることができます。見た目は本来の歯と変わりませんので、人の目を気にすることなく会話や食事を楽しめます。
矯正器具を使わずに歯並びを治す方法はありますか?
歯並びや咬み合わせを改善する場合、矯正器具を使用した治療を行うのが一般的ですが、器具を使わないセラミック矯正という治療法もあります。セラミック矯正は、きれいに並んでいない歯を削ってその上にセラミック製の人工歯を被せ、歯の形そのものを変えることで歯並びを整える治療法です。ただし、歯並びや咬み合わせの状態によってはセラミック矯正が行えない場合もありますので、事前に歯科医師による診断が必要です。
治療した歯はずっと白いままですか?
治療で使用するセラミックは劣化しにくい素材のため、自然な白さが長続きします。強度も高く丈夫で、めったなことでは欠けたりしません。セラミックにはさまざまな種類があり、各々の特徴がありますので、当院では患者様の歯の状態やご予算に合わせて最適なものをご提案いたします。
どれくらいの費用がかかりますか?
審美歯科の治療は基本的に自費診療となります。症例や使用するセラミックの素材などによって治療にかかる金額は異なりますので、治療をご検討中の方は、当院まで一度ご相談ください。

To Page top

歯の黄ばみが気になる方はこちら